シティーホテルでの結婚式にかかる費用

ホテルウェディングは高額って本当!?


シティホテルでの結婚式にかかる費用は、平均予算およそ370万円くらいで、専用の式場やレストランに比べると高めだと言われています。
そうはいっても、人数や料理のグレードによって大きく変わってくるのが結婚式の費用です。そのため一概にホテルだから高いとは言い切れません。
たとえば、レストランウェディングの場合、ゲストの宿泊費や駅から会場までの送迎代など別途必要になってきます。また、専用式場の場合は、結婚式に特化した会場のため施設が充実していて、オプションをどんどんつけているうちに結果、ホテルより高くなってしまうこともあります。
一方ホテルは、ホテル内の施設が無料で利用できるサービスがついてきたり、挙式に必要なものがすべてパックになっている料金プランがあったりと、終わってみたら実はお得だったということもあるのです。

ホテルウェディングの費用に含まれているものとは


シティホテルで結婚式を挙げる場合、ホテル側が提示してくる料金に含まれているのは挙式代、会場費、料理・飲み物代、サービス料、衣装代、会場装花代、引出物・引き菓子代、ペーパーアイテム代、カメラマン代などです。
サービス料はほとんどの式場が、飲食費用額の10%ほどかかりますが、一部の高級ホテルなどでは13~15%かかるところもあり、これがホテルウェディングが高額だと言われる理由だとも言われています。
そのため、ホテルだから高いと言って調べもしないで敬遠する人も多いのですが、人数や料理だけでなく、ホテル自体のグレードによっても費用が違うし、式の前日か当日、新郎新婦は一泊無料なんていうお得なサービスがついてくるホテルもあるので、まずは見積もりまで出してもらってから検討してみてはどうでしょうか。

結婚式が安い式場を探すなら、公的機関が所有する会館などの文化施設がおすすめです。大学の講堂も式場として安価で貸してくれる所もあるので、検討してみる価値があります。