レストランウエディングで気を付ける点

カジュアルウエディングにレストランは人気


今は結婚式もカジュアルなものが多く、費用を抑えて自分たちらしい結婚式が挙げられるレストランウエディングは人気があります。式場やホテルなどと違ってそこまで格式張らず、かしこまらず参加できるのでゲストにも好評なのです。結婚式はゲストへのおもてなしも重視されますが、レストランウエディングでは美味しい料理でおもてなしできるのが魅力です。ほとんどの場合、レストランは貸し切りになりますし、ゲストと新郎新婦の距離も近いため、アットホームな雰囲気で式を挙げることができますよ。また、式場と違って「こうしなければならない」という決まりはないので、新郎新婦の好きなようにオリジナルの式を作ることができるのが魅力でもあります。

自由度が高いからこそ事前準備はしっかり!


レストランウエディングは新郎新婦の好きなようにできるので比較的自由度が高いです。その点がメリットでもありデメリットでもあります。前日や当日になって「アレどうしたっけ?」と慌てないように、事前準備はしっかりしておくことです。まずお金のこと。ご祝儀制にするのか会費制にするのかは招待状を送る時点で決めておきます。金額によって提供する料理も違ってくるので、レストラン側にも確認しましょう。また、専用式場ではないのでクロークの確保、子連れのゲストがいるならベビーカー置き場や授乳スペースの有無、なければ確保するなど準備が必要です。余興を行う場合には会場の広さ、位置の確認も大事です。一度きりの結婚式なので後悔がないようにしっかり準備をしてゲストをおもてなししましょうね。

結婚式で、挙式だけ行って披露宴を省略すれば、結婚式を格安で挙げることも出来ます。それでも挙式の演出しだいで、新郎新婦と列席者の全員が満足し、一生思い出に残る結婚式を挙げられます。